• スポンサー
    NTT都市開発
  • J-REIT
    NTT都市開発リート投資法人
  • 私募REIT
    NTT都市開発・プライベート投資法人

最新情報

2021年3月以前の更新情報についてはこちら

Message ご挨拶

NTT都市開発投資顧問株式会社は、2015年1月にNTT都市開発株式会社の100%出資により設立され、私募リート(非上場の不動産投資信託)である「NTT都市開発・プライベート投資法人」をはじめ、不動産私募ファンド等の資産運用事業を行って参りましたが、本日、上場リート「プレミア投資法人」の資産運用業務を行ってまいりました資産運用会社「プレミア・リート・アドバイザーズ株式会社」と合併し、当社がその業務を承継することとなりました。

  • プレミア投資法人は「NTT都市開発リート投資法人」に商号変更いたしました。

本合併により当社は、上場/私募リート、不動産ファンド等の資産運用を受託する「NTT都市開発グループ唯一の資産運用会社」となり、資産運用体制及びコンプライアンス体制の更なる高度化や物件情報取得機会の拡大が図られることで更に事業基盤が強化されます。

引き続き当社は、スポンサーであるNTT都市開発のパイプラインを最大限に活用し、NTTグループの不動産事業戦略から生まれる質の高い不動産に投資することにより、投資家の皆様へ良好な投資機会をご提供し、不動産の運用に関しても、多面的にNTT都市開発グループのサポートを受け、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を目指す方針です。

また、当社は、NTT都市開発グループの一員として、「誠実に、革新的に」という企業理念を共有し、グループが掲げる街づくり事業の推進・拡大に貢献するとともに、社員一人ひとりが不動産運用のプロフェッショナルとして「お客様本位の業務運営に関する方針」にもとづき、投資主価値の最大化を図るべく業務遂行に努めてまいります。

なお、2019年6月よりプレミア・リート・アドバイザーズ株式会社の代表取締役社長を務めて参りました私、小杉知義は、本日付けを持ちまして、当社の代表取締役社長に就任いたしましたので、この場をお借りしてご挨拶申し上げます。

今後につきましても、当社はNTTグループの成長戦略に足並みをそろえ、投資家の皆様やテナントをはじめとするステークホルダーの方々のご期待にお応えできる企業を目指してまいりますので、引き続き、変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年4月1日

小杉 知義

NTT都市開発投資顧問株式会社
代表取締役社長
小杉 知義

Business 事業概要

NTT都市開発投資顧問株式会社は、2015年1月にNTT都市開発株式会社の100%出資により設立されました。上場リート「NTT都市開発リート投資法人」(注1)、私募リート「NTT都市開発・プライベート投資法人」及び不動産私募ファンド等の各種不動産ファンド運用を行う会社です。各事業ともNTT都市開発をはじめとするNTTグループとの連携を図りながら着実な成長を図ってまいります。

  • 2021年4月1日付けで上場リートである「プレミア投資法人(注2)」の資産運用業務を行ってまいりました資産運用会社「プレミア・リート・アドバイザーズ株式会社」と合併し、当社はその業務を承継いたしました。
  • プレミア投資法人は2021年4月1日より「NTT都市開発リート投資法人」に商号変更いたしました。

Company 会社情報

社名 NTT都市開発投資顧問株式会社
本社 東京都千代田区大手町一丁目5番1号
大手町ファーストスクエア イーストタワー9階
  • ご来社の際は、事前に弊社にご連絡の上、1階受付にて入館手続きをお願いいたします。
設立 2015年1月16日
代表 代表取締役社長 小杉 知義
資本金 1億円
株主構成 NTT都市開発株式会社(100%)
主な事業目的
  1. 宅地建物取引業
  2. 投資運用業(投資法人資産運用業務、投資一任業務)
  3. 投資助言・代理業及び第二種金融商品取引業
  4. 投信法に基づく一般事務の受託業務
  5. 不動産の管理業務
  6. 前各号に付帯関連する一切の業務 等
免許・許認可
  • 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2870号
    (投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
  • 宅地建物取引業 東京都知事(1)第97964号
  • 取引一任代理等認可 国土交通大臣認可第93号
  • 不動産特定共同事業 金融庁長官・国土交通大臣第106号
加入協会
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 一般社団法人 投資信託協会
  • 一般社団法人 不動産証券化協会
  • 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

History 沿革

沿革

  • 2021年4月1日付けをもって上場リートであります「プレミア投資法人」の資産運用業務を行ってまいりました資産運用会社「プレミア・リート・アドバイザーズ株式会社」と合併し、その業務を継承することといたしました。また同日付でプレミア投資法人は「NTT都市開発リート投資法人」に商号変更いたしております。

Board of Directors 役員一覧

  • 代表取締役社長

    小杉 知義

    • 1986年4月
      日本電信電話(株)入社
    • 2002年4月
      同社 第一部門 担当部長
    • 2002年7月
      エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株) グローバルサービス事業部 担当部長
    • 2002年7月
      NTT America,Inc. 取締役
    • 2004年10月
      エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株) 第一法人営業本部 金融営業部 担当部長
    • 2007年8月
      NTTファイナンス(株) 専門営業部長
    • 2008年6月
      同社 企画部長
    • 2013年6月
      日本電信電話(株) 監査役室長
    • 2016年6月
      NTTファイナンス(株) 取締役 ビリング事業本部 ペイメントサービス事業部長
    • 2019年6月
      プレミア・リート・アドバイザーズ(株) 代表取締役社長
    • 2021年4月
      NTT都市開発投資顧問(株) 代表取締役社長(現職)
  • 代表取締役副社長

    鳥越 穣

  • 取締役

    加藤 祐一

  • 取締役 第一運用管理部長

    木村 一浩

  • 取締役 投資営業部長

    深沢 肇

  • 取締役 第二運用管理部長

    小野寺 康哲

  • 取締役 コンプライアンス室長 兼 コンプライアンスオフィサー

    佐藤 智彦

  • 取締役 財務部長

    岩田 武

  • 取締役 経営企画部長 兼 第三運用管理部担当

    大寺 健之

  • 取締役 (非常勤)

    眞崎 達也

  • 監査役 (非常勤)

    藤森 裕之

Organization 組織運用体制

組織運用体制
投資営業部
  1. 投資候補対象物件の情報集約・情報受付に関する事項
  2. ポートフォリオ構築方針の起案の業務支援に関する事項
  3. NTT都市開発リート投資法人(以下、「NUD」という。)、NTT都市開発・プライベート投資法人(以下、「NUPR」という。以下、NUD、NUPRを総称して「本投資法人」という。)、私募ファンド等又は自己運用ファンドの不動産その他の資産の取得(取得した資産を、「運用資産」という。)及び運用資産の売却その他の処分に関する各運用管理部の業務支援に関する事項
  4. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドのための不動産市場及び物件の調査及び分析に関する事項
  5. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  6. 前各号に付随する事項
第一運用管理部
  1. NUDのポートフォリオ構築方針の起案に関する事項
  2. NUDの運用ガイドライン、資産管理計画書及び年度運用管理計画(大規模修繕計画を含む。)(ポートフォリオ構築方針と合わせて、以下、「運用ガイドライン等」という。)の起案及び管理
  3. NUDの不動産その他の資産の取得及び運用資産の売却その他の処分の統括に関する事項
  4. NUDの運用資産の賃貸に関する事項
  5. NUDの運用資産の維持管理に関する事項
  6. NUDの運用資産のテナント又はオペレータの事業評価、与信管理及び運用資産のリスク管理に関する事項
  7. NUDの資産運用実績の分析及び評価に関する事項
  8. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  9. 前各号に付随する事項
第二運用管理部
  1. NUPRのポートフォリオ構築方針の起案に関する事項
  2. NUPRの運用ガイドライン等の起案及び管理
  3. NUPRの不動産その他の資産の取得及び運用資産の売却その他の処分の統括に関する事項
  4. NUPRの運用資産の賃貸に関する事項
  5. NUPRの運用資産の維持管理に関する事項
  6. NUPRの運用資産のテナント又はオペレータの事業評価、与信管理及び運用資産のリスク管理に関する事項
  7. NUPRの資産運用実績の分析及び評価に関する事項
  8. NUPRにおける投資口発行による資金調達に関する事項
  9. NUPRの投資主に関する顧客管理、インベスターリレーションズ(IR)に関する事項
  10. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  11. 前各号に付随する事項
第三運用管理部
  1. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの投資に関する資産の運用又は投資助言
  2. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの年度運用管理計画(大規模修繕計画を含む。)の起案及び管理
  3. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの不動産その他の資産の取得及び運用資産の売却その他の処分の統括に関する事項
  4. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの運用資産の賃貸に関する事項
  5. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの運用資産の維持管理に関する事項
  6. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの運用資産のテナント又はオペレータの事業評価、与信管理及び運用資産のリスク管理に関する事項
  7. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの資産運用実績の分析及び評価に関する事項
  8. 私募ファンド等又は自己運用ファンドにおける出資による資金調達に関する事項
  9. 私募ファンド等又は自己運用ファンドの投資家に関する顧客管理、インベスターリレーションズ(IR)に関する事項
  10. 第二種金融商品取引業務に関する事項
  11. その他前各号に付随関連する不動産特定共同事業法に基づく不動産特定共同事業に関する事項
  12. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  13. 前各号に付随する事項
財務部
  1. 当社の財務に関する事項
  2. 当社の経理及び決算に関する事項
  3. 当社の資金調達に関する事項
  4. 当社の資金管理、余剰資金の運用に関する事項
  5. 当社の配当政策に関する事項
  6. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドにおける借入による資金調達に関する事項
  7. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドにおける投資法人債又は社債の発行による資金調達に関する事項
  8. NUDにおける投資口発行による資金調達に関する事項
  9. NUDの投資主に関する顧客管理、インベスターリレーションズ(IR)に関する事項
  10. NUPRの投資主、及び私募ファンド等又は自己運用ファンドの投資家に関する顧客管理、インベスターリレーションズ(IR)における各第二運用管理部又は第三運用管理部の業務支援に関する事項
  11. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの経理及び決算に関する事項
  12. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの配当金及び分配金等の計算に関する事項
  13. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの財務に関する事項
  14. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの資金管理、余剰資金の運用に関する事項
  15. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの配当政策に関する事項
  16. NUDの有価証券報告書及び決算短信の作成に関する事項
  17. NUPRの基準価額算定及び払戻しに関する事項
  18. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  19. 前各号に付随する事項
経営企画部
  1. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの成長戦略に関わる事項
  2. 当社の経営企画及び経営管理に関する事項
  3. 当社の規程の制定及び改廃に関する事項
  4. 当社の組織運営に関わる事項
  5. NTTアーバンソリューションズグループとの戦略窓口としての事項
  6. 当社の投資委員会の運営に関する事項
  7. 当社の広報に関する事項
  8. 本投資法人、私募ファンド等又は自己運用ファンドの運用資産の工事計画、進捗管理等に関する各運用管理部の業務支援に関する事項
  9. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  10. 前各号に付随する事項
業務管理部
  1. 当社の株主総会及び取締役会の運営に関する事項
  2. 当社の人事労務及び総務に関する事項
  3. 当社の業務上の重要文書の管理及び保存に関する事項
  4. 当社の印章の管理に関する事項
  5. 当社の情報システム及び情報セキュリティの管理・開発管理に関する事項
  6. 当社の苦情及び紛争処理、並びに訴訟行為に関する事項
  7. 本投資法人の投資主総会及び役員会の運営、並びに私募ファンド等又は自己運用ファンドの運営に関する事項
  8. 本投資法人の役員の業務補助に関する事項
  9. 当社、又は本投資法人、私募ファンド等若しくは自己運用ファンドに関わる行政機関及び自主規制機関等への届出・渉外に関する事項
  10. 所管業務に関わる帳簿書類や報告書の作成及び管理に関する事項
  11. 前各号に付随する事項

Sustainability サステナビリティ

2021年4月1日

当社が属するNTTアーバンソリューションズグループでは、NTTアーバンソリューションズ株式会社が定めるCSRビジョンを基礎とし、事業そのものを通じたCSRの実現を図っています。一方、投資運用業界においては、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(併せて以下「ESG」といいます。)への配慮の重要性についての認識が高まっており、当社は中長期的な投資家の利益を最優先する観点から、不動産投資運用業務の全般において、以下の項目を中心とするESGへの配慮を組み込んでいきます。

  • 地球温暖化対策

    当社が資産運用について業務委託を受けた投資法人の運用資産(以下「運用資産」といいます。)の運用において、エネルギーマネジメントの推進や省エネルギーに資する設備の導入などにより、省エネ・温室効果ガス排出削減を進めていきます。

  • 水資源と廃棄物削減対策

    限りある水資源を大切に使うための節水対策、ならびに廃棄物の減量や分別の徹底によるリサイクルの推進に継続的に取り組んでいきます。

  • 安全と安心の確保

    NTT都市開発株式会社策定の「安全・品質方針」の考え方に基づき、オフィスビルにおけるBCP(事業継続計画)及び住宅における防災対策をハード・ソフト両面から推進していきます。

  • 社内体制の整備と役職員への取り組み

    本方針に基づく取り組みを推進するための社内体制を整備し、役職員に対してESGに関する教育及び啓発活動を行います。

  • 社外のステークホルダーとの協働

    テナント及びプロパティ・マネジメント会社等のサプライヤー等と協働し、CS(お客様満足度)向上に努めるとともに、地域との共存や地域の活性化を図っていきます。

  • 投資家等への情報開示

    投資家をはじめとするステークホルダーに対し、ESGに関する情報について積極的な開示に努めます。また、グリーンビルディング認証等の環境認証・評価を継続的に取得し、その内容を開示していきます。

  • コンプライアンス

    環境関連の法令・諸規則を順守し、企業倫理・コンプライアンスの重要性を認識した企業活動を行っていきます。