事業概要

NTTアーバンソリューションズグループは、従来の不動産開発にとどまらないNTTグループならではの新たな「街づくり」で、社会的課題の解決への貢献をめざしています。

そのような動きの中で、NTT都市開発リート投資法人及びNTT都市開発・プライベート投資法人は、NTT都市開発との更なる連携強化を通じ中長期的な収益の維持向上及び資産規模の拡大を図ると共に、NTTグループの新たな「街づくり」戦略に足並みをそろえ、投資主価値の最大化を実現してまいります。

リート事業の位置づけ

「NTTアーバンソリューションズグループ中期ビジョン Road to 2030より一部抜粋(2019年5月10日公表)

従来の不動産開発事業にとどまらず、ICT・エネルギー等を複合化し地域の課題解決や個性豊かな地域社会の実現に貢献する、街づくり事業におけるリーディングカンパニーをめざします

  • 中長期的な成長に向けたマイルストーン
    • 2025年度に収益規模6,000億円をめざす
    • 2019年度~2025年度で1兆円~1.5兆円規模の成長投資を実施
    • 街づくりプロジェクト推進やマネジメントサービスの充実等の重点施策による収益(重点領域)を2018年度実績の2倍(約3,000億円)に拡大
  • グループファイナンスとともに、ファンドスキームの活用等による、投資資金の早期回収や地域企業や自治体等と協働による街づくりを促進し、成長投資と資産効率の維持・向上を両立
  • NTT都市開発とNTTファシリティーズの連携強化と業務のデジタル化により効率的な事業運営体制を構築し、街づくり事業における人的リソースの充実を図る
  • NTT都市開発は、NTTアーバンソリューションズの100%出資子会社として、上記中期ビジョンに基づき、事業を推進します。